img_02

植毛に対する知識を深めよう

発毛にいい食べ物については昔はワカメやひじきなどの海藻類に含まれるヨウ素やマグネシウムが良いとされてきたが、栄養学が発展・進化していく過程において、それらの効果はもちろんのこと、タンパク質・ビタミン類・亜鉛の3種類の栄養素も発毛にとって非常に重要であることがわかってきた。
すなわちビタミン類や亜鉛の摂取不足は抜け毛が増える大きな要因となり、タンパク質不足は毛髪の元とされる必須アミノ酸のひとつ「メチオニン」不足にもつながることから、特にこの3種類の栄養素は発毛させて、なおかつそれを維持していく上では特に必要です。


「発毛させる」、続いて「抜けないようにそれを維持させる」ということを発毛作業の一環の流れとした時に上記の海藻類に含まれるヨウ素・マグネシウム、そしてアミノ酸のメチオニンをよく摂取し発毛を促させる。

そして多くのビタミン類と亜鉛でその発毛した髪を抜けないように維持していかなければならない。特に亜鉛は牡蠣・牛赤み肉・豚レバー・いわし・うなぎ・アーモンド・卵黄など比較的限られたものからしか摂取できない場合が多く気をつけなければならないが、その食材自体は入手しやすいものばかりなので、その点については大丈夫であろう。

亜鉛が不足してしまえば毛髪の主成分である「ケラチン」が不足しがちになり、結果的に脱毛しやすくなるということを忘れてはならない。あと一点、ここで気をつけなければならないのはむしろタンパク質の摂取に気をとられ必要以上の動物性タンパク質を結果的に取ってしまうことである。

これが及ぼす悪影響として血液や血管を衰えさせる原因となり、かえって脱毛を促進させてしまうことにつながってしまうからだ。これらのことをふまえ発毛にとって何が適切であるかと言えば、やはりバランスの取れた食事、この一言に尽きるのである。あと近年において唐辛子のカプサイシンと大豆のイソフラボンを併せて摂取することもよいと言われる。

植毛に興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。