飛行機でスキーに行くメリットとは?

スキーに行くとき、交通手段にはいくつかあります。

電車やマイカー、バスツアー、飛行機が主な手段となります。スキーに飛行機で行くと、他の交通手段よりもどんなメリットがあるのでしょうか。

飛行機を利用するメリットは、何と言って遠いスキー場に行くことができることです。
電車やマイカーなどでは、北海道など遠方へ行こうと思うと移動だけで1日がつぶれてしまいます。



その点、飛行機を利用すれば、東京と函館間でも2時間半で行くことができます。

午前中に出発すれば午後からスキーを楽しむことができるので、時間を有効に使うことができます。



費用は他の交通手段と比べるとどうしても高くつきますが、早期割引などを利用したりLCCなどの格安航空会社を利用すれば、費用を抑えることができます。


スキーの板は、乗るときに預け荷物として空港に持っていけば、無料で運ぶことができます。

富士登山といえばこちらです。

空港の手荷物カウンターで受け付けてくれるので、乗る前に預けるとよいでしょう。

事前に留まるホテルなどに荷物を送っておくのも便利ですが、送料がかかるので預け荷物を利用すれば、その分の費用をうかすことができます。その際気をつけたいのが梱包です。

ケースからはみ出ていると審査にひっかかることがあるので、ケースにきちんと入れてはみ出さないようにすることが大切です。また、他の人の荷物とぶつかって傷がつくことも考えられるため、しっかり梱包をするようにしておくことも大切です。遠方に行くなら飛行機を利用するメリットはたくさんあります。

費用をできるだけ抑えるように工夫して楽しむとよいでしょう。